ワクワクメールの中で、メール交換に成功です。
とっても激しく喜びが襲ってきました。
完全なノンケの和真くんと、喜び爆発のメール交換になりました。
「ポイント使いたくないから、LINE交換出来る?」
彼から言ってくれるのです。
「ID教えるね」
ここから、個人間のやりとりのスタートです。
ノンケとの出会いに、テンションが上がりまくってしまっていました。

 

 彼との話の中で、フェラ以外の関係を作ることはないと断言していきます。
「フェラだけなら、男でもいいかな?って思っててね。ちょっと不満ヤバいんだ」
彼のセリフは、琴線に触れるものでした。
彼女がいなくてかなり不満がたまっていたようです。
元気な大学生のちんこが食べられる予感を沢山感じていきます。
「アルバイトが終わってから、会えるかな?」
「時間と場所を決めて、ゲイのフェラで気持ちよくしてあげる」
かなり簡単に待ち合わせの約束を決められてしまったのです。

 

 その日は、朝からソワソワしつづけていました。
和真くんのちんこが、自分のものになるのですから。
時間に送れないように、早めに待ち合わせ場所に行きました。
ほぼ時間通りに、相手と対面しました。
それだけで、股間が硬直を始めてしまっていました。

 

 公衆トイレの多目的ルームで関係を作ることになります。
滅茶苦茶な悦びに包まれながら、彼の下半身を裸にしていきました。
手コキをすると、直ぐにフル勃起でした。
手コキをしたりフェラをして、激しく刺激をしてあげます。
「凄いね」
彼からも、喜びの声が聞けます。
ノンケをフェラしていることで、自分も強烈な興奮でした。
彼にオナニーの許可をもらい、フェラをしながらシコシコやっていきます。
ノンケが相手です。
最高気分だったのです。
しかも彼、デカチンです。
デカチンのノンケなのです。
その美味しさとシチュエーションに、心から酔いしれていく状態でした。
不満な彼は、自分の口の中に精液を吐き出してくれました。
デカチンのノンケのちんこをフェラして口内射精を決めたのです。